日本の将来の指導者の
ためのドラッカープロ
グラム

(English translation follows below)

「未来を予測する最善の方法は、未来を創ることです。」 – ピーター F. ドラッカー

ドラッカー・フォー・フューチャー・ジャパニーズ・リーダーズ/エンパワメント・プログラム・アット・クレアモントカレッジズは、日本の高校生がピーター・ドラッカーのリーダーシップやマネージメントの重要なツールを学ぶ絶好の機会です。

プログラムを通して、生徒は自分自身の成長プランとコミュニティー・サービス・プランの2つのプロジェクトを計画・実行します。 ドラッカーのツールの習得のみならず、生徒はリベラルアーツカレッジのキャンパス・ライフを体験し、英語力やクリティカル・シンキングのスキルを向上させ、仲間と共に学習し、協力しながら楽しい時間を過ごすことができます。

ピーター・ドラッカーが日本の人々と長い間にわたり親しい関係にあった為、ドラッカー・フォー・フューチャー・ジャパニーズ・リーダーズは、ドラッカー・インスティテュートの活動から自然な形で生まれました。ドラッカーは1959年に初めて日本を訪問し、主要な日本企業数社の顧問に就任しました。また、彼は日本美術に魅せられ、その分野の専門家になっています。ドラッカーは「日本は、おそらく世界の主要国のなかでも最も豊かなコミュニティ組織の伝統がある」と1994年の東京でのスピーチのなかで述べています。ドラッカー・フォー・フューチャー・リーダーズは、この日本の豊かな伝統に基づいて学習することを目的としています。

ドラッカーのセッションに関してのご質問があれ[email protected]

The Drucker for Future Japanese Leaders Program at the Claremont Colleges offers a rare opportunity for Japanese high school students to learn some of Peter Drucker’s most essential tools for leadership and management.

Through the deeply immersive sessions, students design and implement two of their own projects—one that centers on personal growth, the other on community service—using Drucker’s step-by-step process to turn ideas into action. Along with the Drucker tools, students also experience life on the campuses of America’s premier consortium of liberal arts colleges, expand their English language and critical-thinking skills, and have fun learning and working together.

Drucker for Future Japanese Leaders is a natural extension of the work of the Drucker Institute, building on Peter Drucker’s long and close relationship with the people of Japan. Drucker first visited the country in 1959 and became an advisor to several major Japanese companies. He also became an expert in Japanese art. “You have probably the richest tradition of community organization…of any major country in the world,” Drucker told an audience in Tokyo in 1994.

For more information about participating in the Drucker for Future Japanese Leaders program, please contact: [email protected] or [email protected].